• 株式会社ユーロ秋田

マスクと熱中症


 新型コロナウィルス感染症流行の中、いよいよ夏が近づいてきました。

昨年NHKが行った実験では、真夏の屋外でのマスク着用は顔の温度が急上昇し、39度から40度にもなりました。呼気が湿って温かいため、呼吸で熱を下げることもできません。

また、マスクによる湿り気で、喉もかわきにくくなるため水分補給を意識していても水分が不足がちになります。

こうしたデメリットを意識して、熱中症対策をしなければなりません。

 

 昨年、厚労省は「熱中症にならないようにマスクを外そう」、「喉が渇いていなくても水分補給」、「エアコン使用中も喚起する」と呼びかけました。それ以外にも日傘や帽子、扇子ので熱を冷ましたり、ウレタンマスクなどの通気性の良い素材のマスクを使い分けたりといった方法もあります。こうした対策をTPOに応じて使いわけ、熱中症を防ぎましょう。