• 株式会社ユーロ秋田

ワクチンについて




私たちの体には、免疫システムが備わっています。この働きを利用して特定の細菌やウィルスに対応できるようにして病気を防ぐのがワクチンです。


ワクチンには細菌やウィルスを弱毒化した「生ワクチン」や、病原体を処理して病原性を無くした「不活化ワクチン」等があります。

ただこうしたワクチンは、弱毒化、無毒化するとはいえ病原体を使うことから、稀にその病気を発症してしまうリスクもあります。


技術の進歩によって、病原体のDNAやRNA、あるいは免疫抗体を利用したワクチンが何種類も登場しています。新型コロナウィルスに関しても同様です。

その中にモノクローナル抗体のワクチンがあります。一度新型コロナウィルス感染症にかかって回復した人の血液から作られるため効率よくウィルスを弱らせる作用を持っています。

モノクローナル抗体薬は高い確率で効果が現れるだけでなく、副作用が極めて少ないと言われています。