• 株式会社ユーロ秋田

警戒レベルについて


 大雨や台風等によって災害が発生するおそれがあるとき、どの情報をもとに、どのようなタイミングで避難したらいいのでしょうか。

 災害発生時に判断材料とすべき情報に、警戒レベルによる防災情報があります。警戒レベルがどの段階かによって、避難すべきかどうかがわかります。

 警戒レベルは1から5まであり、数字が大きいほど危険な状態です。1から2は避難に備える状態、3から4は実際に避難すべ段階で、4の段階までには全ての人が避難すべき状態になります。

警戒レベル5についてはかなり危険な状況で、避難できない可能性があり、動き回らず安全を確保して救助を待ったほうがいいかもしれません。

 警戒レベルが3~4になると市町村から避難情報が発令されます。テレビ、ラジオ、インターネットの他、防災行政無線や広報車等で伝達されます。

 警戒レベルは必ずしも順番に出されるわけではないので、状況が急変することもあります。避難情報が発令されていない場合でも、気象庁などが発表する防災気象情報を参考にしましょう。